THE LONG GOODBYE


<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
お盆の釣り

JUGEMテーマ:フライフィッシング

 

 

夏季休暇、お墓参りやら諸々を前半で片づけて、後半はガッツリ釣りに行こうと思っていたのに、6号、7号と立て続けに台風発生。約束していたこの日の予報も午後から雨。アブから逃げて山岳渓流に行こうと思っていたから、雨は困るんだけどぎりぎり持ちそう。普段より早めの待合わせで釣友の車に乗せてもらった。

 

目的の川へ順調についたけど、既に車が2台も。川の規模から考えて、これはもう無理。下流を探検する選択もあったけど、雨の予報が気になる。お盆の釣りだし、安全第一。時間はかかるけど川を変更。それにしても、ますます歩かないと魚に会えなくなってきましたね。

 

 

やっと川へたどり着いてスタート。アブもいなくて快適。何より予報は曇りだったのに青空が広がっている。標高が高いので気温も20℃ぐらいでウェットウェーディングが心地よかった。

 

 

お盆の後半ともなると、魚影も激減。絶対いそうなのに出ない。そこも、ここも、まいったなぁ...と思っていると出た。釣友はばらしも少なく正確に釣っていく。オイラはばらしてばかり。

 

 

浮いているイワナを見つけてキャストするけど、ラインの影で走る。少し流れのあるところは、フライをチラ見してセレクティブ。ローテーションさせて、結局#20をやっと食べた。夏のイワナらしい反応。水通しの良い所にいるのは#14のカディスに素直に反応するのに、浮いてるイワナに夢中になってしまった。

 

 

ランディングしたイワナは少なかったけど、いい川を歩いたし、気難しいイワナにも会えたし、充実した釣りだった。午後には雲に包まれたけど、結局雨は降らなくて助かった。さて、ここからが長いんだよな。気合を入れて退渓ルートの沢へ突入。転倒も、怪我もなく無事に遊べて良かった。お疲れ様でした。

 


| Fishing | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。

>