THE LONG GOODBYE


<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
ヤマメが釣りたい

5月、大きい川はまだ雪代が残って早いんだけど、あれこれ考えているうちに、どうしても行きたくなったからほんの少しドライブ。鶴巣の辺りで雨に降られてどうなるか心配だったけど、川に着いたら天気は上々。午後は雪代がひどくなるから、午前中に愉しんじゃおう。
 

水の量、勢いがすごい。やっぱり早かった。数を釣りたい訳じゃないから、良い場所だけ見て歩くことにした。そしたら中層に定位しているヤマメ発見。今日は人が多いから、もうこれを釣らないとボウズになりそう。絶対に釣らなくちゃ。#16のカゲロウパターンのパイロットフライはちらりと見たはずなのに浮いてこない。簡単に見きられた。クリップルに変えて流したら、ああっ、ドラグが...上流からの流れが弱まって、岩盤からの反転流と絡まる流れ。複雑に折り重なる一筋に奴はいる。気配を察したのか、中層から底に沈んだ。しかし、ここで諦める訳にはいかない。少し離れて岸際の岩に座ってそこを離れるのを待った。時計を見たら10時半を過ぎていた。水面の虫が増えた。ん?動いた。やっと餌を追い始めた。ティペットを確認して結んだフライは...
 

いやー、楽しんだなぁ。目的通りの釣りが出来た。下流から上ってきた人もいるし川から上がって、今度は知らない川へ行ってみることに。
 

ナビにだいたいの場所をセットしてのんびり走る。目的の川沿いの道路に入って、どの辺りが釣り場なのか風景を見ながら走っていくと、川の方へそれる道を発見。どんどん細くなるけど構わず突入。おっ、林の向こうに見えるのは川じゃん。ってことでスペースを見つけて駐車してスタート。河原に座って昼食...といってもジュースとパンだけど、流れを見ながらゆっくり食べる。林が迫って、熊が出そうだけど、その時はその時。良い流れだなと思ったところを流したらイワナが出た。それにしてもここもまだ水が多い。知らない川の魚も見たし、のんびり帰ることにした。
 

| Fishing | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









http://victor1.jugem.jp/trackback/1873

>