THE LONG GOODBYE


<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
釣行31回目
JUGEMテーマ:フライフィッシング
 

 
普段は平日が休みのルアーマンに休みを取ってもらって数年ぶりに一緒に釣りに行ってきました。川選びに迷ったのですが、フルに時間は取れないこともあって、この川がリクエストされました。それにフライで釣ってみたいとのこと。渇水でスプーキーな状態、開けてよく日が当り水の透明度も高いこの川で果たして結果は出るのでしょうか...という不安でスタート。
 

 
極たまにしかフライをしない割には、なかなか良いキャスト。昔に比べてライントラブルも少なくなって、これなら釣れそう。ただこの日のコンディションは最悪。上流のイワナのくせに、すれっからしのヤマメのよう。フッキングが浅くてばれることが多かった。

 

 
良いのはばらして、釣れるアベレージはこのサイズ。贅沢は言えないけど、魚影も薄くて厳しい釣りが続きました。あまりの水の少なさに、昔読んだ阿部武さんの本に書いてある、「川の下にも川がある」ということを考えてしまいましたね。水の少なさと余りの暑さに、地表の川から伏流の岩に間に退避しちゃって表に出てるイワナが少ない。雨で水かさが増せばまた状況が変わる気がします。

 


 
そんなタフコンディションの中、ついにやりました。この笑顔。いやあ、素晴らしい。よくぞ釣りました。クリアウォーターのフライフィッシングは面白いでしょ。これからもフライで是非楽しんでほしいです。お疲れ様でした。
 

| Fishing | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。

>