THE LONG GOODBYE


<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
釣行23回目(遠征翌日)
JUGEMテーマ:フライフィッシング
 

 
翌日は太陽が出た。二人とも釣ったことのない未知の場所へ。前日とは違って、大きな岩がごろごろとあるきつい川だった。少し高低差があるかも…っては云ってたけど、それって控えめ過ぎる表現(笑) 一つの岩が背丈より大きい。そこを天然のフィールドアスレチックのように越えて行く。越えたその先には...


 
それよりも大きな岩が待っていた。それでもその先へ...冒険が楽しくて仕方がない。


 
大きな岩の間には透き通った巻き返し。出そうなのに何度流しても反応が無い。本当にいないのか覗いてみたくなる。でも、これほどの川ならば、何処かには絶対良いのが潜んでるはず。期待に胸を弾ませ、川を巡る冒険の旅。

 

 
深くて渡れない壺には、神が架けてくれた丸太橋。滑りそうになるのをぐっと堪えて岩に飛びつく。そして遂に名手が… 出た、出た、でかい!バットから曲がる凄いパワー。これを育む、この川の力。完璧、パーフェクトなイワナだった。

 

 
そして日が傾き始め退渓点が近づいた頃、流れ出しに発見。ブナムシ、アント、メイフライ、何を流しても反応してくれず、それじゃ取って置きの最終ウエポン、デカカディスはどうだ? 流したら一発で出た。嬉しかった。

こうして今回の旅は終わった。でも、まだ見ぬ川、出会えてない魚たち、僕たちの冒険には、まだ続きがあるような気がする。二日間ありがとう。そして、またよろしく!


| Fishing | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト

| - | - | - |









トラックバック機能は終了しました。

>